紅乙女について

紅乙女について

Our History

OUR HISTORY

福岡県・田主丸町で
生まれた
稀有な焼酎、
ごま焼酎紅乙女。

ごま焼酎紅乙女の里は、福岡県久留米市田主丸町(たぬしまるまち)。豊かな自然と歴史、そしてフルーツの町として知られています。蒸留所の背後にそびえる耳納連山からの湧き水は清く、美酒造りに大変適しています。洋酒人気が高まった昭和50年代、紅乙女酒造創業者・林田春野は「誰もが憧れる洋酒に負けない、香り高い酒を造る」ことを目指し、ごまを使った焼酎にたどり着きました。体に良い食品として知られ、風味豊かな香りであらゆる料理やお菓子を美味しくするごま。従来の麦焼酎にごまを使ったもろみを仕込むことで、かぐわしい香りの焼酎が誕生しました。ごまを使った蒸留酒としては世界初と言われています。初めて口にした人はみな「あ、ほんとにごまの香りだ」とつぶやく、ごま焼酎紅乙女。田主丸町に生まれた類い稀な香りの焼酎は、日本のみならず世界中の人々からも珍重され愛されています。

伏流水

耳納連山に湧く伝説の名水を母に。

酒は正直なもの。原料の持ち味が、そのまま酒の質となって現れます。なかでも、酒の命は「水」と言っても過言ではありません。紅乙女の故郷、田主丸町は耳納連山のやわらかな伏流水が湧き出る地。とくに鷹取山六合目に湧く岩清水は、江戸時代久留米藩主有馬公が大変気に入り、久留米城まで桶を設けて導水すると言い出したという伝説がある名水です。紅乙女は、そんな耳納連山の伏流水によって磨き抜かれた蒸留酒なのです。

ごま

その香り高さは、自然からの贈りもの。

林田春野に世界初の蒸留酒を完成させたのは、日本人がずっと愛してきた香り高い「ごま」でした。数多くの原料を試す中、ごま油を数滴加えた焼酎からは、独特の臭みが消えることを知ったのです。春野は、「食べる丸薬」と言われ体に良いごまを最大限に活かしたいと、創意工夫を繰り返しました。たどり着いたのが麦・米麹にごまを加え、貯蔵熟成させた「ごま焼酎」です。それは自然豊かな風味を楽しめる、コニャックやブランデーにも負けない蒸留酒です。

真心

百術不如一誠。創業以来変わらぬ想い。

「百術不如一誠」百の術策も一つの誠意には及ばないという、この言葉を私たちは大切にしています。良い原料を使うこと。手間と時間をかけて造ること。しっかりと熟成の時を待つこと。それが時代を超えて守り続けられる紅乙女の酒造りです。蒸留したての原酒は、味わいに角があります。貯蔵庫で寝かせ、味に丸みが出て芳醇な風味が生まれて、初めて「ごま焼酎紅乙女」となります。耳納連山の麓にある貯蔵庫では、野鳥の声を聞きながら、オーク樽などのゆりかごの中で目覚めの時を待っています。